紫外線の老化原因や貧血予防に

日焼けというと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

恐らく、良いイメージを持っているという方は少ないのではないでしょうか。
実際に、日光を浴びすぎてしまうことによってさまざまな肌トラブルへと発展してしまうのが日に焼けるという行為です。

とはいえ、害悪名要素ばかりではありません。

人間にとって良い作用もあるのです。

カルシウムの生成

日光に当たることは、人体の機能を促進することにつながります。
そして、ビタミンDを生成することにもつながり、カルシウムを吸収するのです。
それは、骨格と筋力を強くしてくれるので骨粗しょう症予防などにも効果があるといわれています。
また、子供は日光に当たると良いといわれているのもこのような理由からなのです。

老化対策に

イギリスの研究者によると、よく日光を浴びている女性は浴びない女性と比較をすると「若々しい状態にある」という事がいえると発表しました。
老化の程度差は5年前後だったとも発表されていることから、老化対策に良いとされています。
もちろん、過剰照射は逆効果ではありますが適度な日光は若さを保つのに効果的であるといえるでしょう。

貧血予防に

日光に含まれている紫外線を赤血球生成を促します。
造血機能を高めてくれるという事が言えますので、貧血防止に役立ってくれるのです。

心にも良い効果がある

うつ症状が出ているという方・更年期障害から精神状態が落ち込みやすいという場合にも日光を浴びると良いとされています。
ある意味、日光には人を元気にさせる・幸福を促す要素があるという事なのです。
毛細血管を拡張させ、ホルモンの分泌を促進し、気分の変動を抑えてくれるという効果が期待できます。

抵抗力と免疫力アップに

日光を浴びることによって、皮膚にある最近を有効的に取り除くことが出来ます。
そして皮膚そのものの持つ抵抗力を増やすこともできるのです。
免疫力も同時にアップしますので、基本的な身体機能の向上につながってくれることでしょう。

日光を嫌う人が多くなっているとも言われていますが、このように人間の心身に良い働きかけをしてくれる場合もたくさんあるのです。
適度に日光を浴びるという事もまた健康を保持・促進するために大切な行為ともいえますので覚えておくと良いでしょう。
「日向ぼっこ」という感覚でもその効果を得ることが出来るとも言われています。