日焼けトラブルに対するアフターケアや保湿など

日常生活の中で、日焼けをしないようにと注意を払っている方も多いのではないでしょうか。

そうした予防や心がけは非常に重要なことといえるでしょう。

しかしながら、それでも日に焼けてしまうということももちろん考えられるのです。

では、もし日に焼けてしまった場合はどのようなアフターケアが必要となってくるのでしょうか。
いくつかの方法について見ていきましょう。

冷やすこと

まずは冷やすことです。
皮膚の炎症症状ですから分かりやすく言えば「やけど」の状態にあるという事なのです。
ですから、冷やすことが大切となります。

冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入るというのも有効的です。
しかし、水風呂の場合、長時間入ることによって身体を冷やしてしまう可能性がありますのでその点は注意しておくと良いでしょう。

その後、日に焼けた箇所に濡れタオルを巻いてください。特に痛みがあったり赤みがある場所には保冷剤をタオルで包んだものなどを当てると効果的です。

保湿と守ること

冷やし終えたらしっかりと保湿をすることが大切です。

全身にローションなどで水分を補うようにしましょう。

この時、肌がナーバスな状態になっていますから、添加物などが入っていないものをおすすめしたいと思います。

ついつい、美白化粧品などを取り入れたくなるものですが、刺激が強すぎるのでおすすめできません。
その後、乳液やクリームなどで「フタ」をすることも大切です。

水分の摂取

日に焼けるという事は皮膚上のトラブルではありますが、身体に水が不足している状態ともいえるのです。
このことから、意識的に水分を補給するように心がけましょう。

ミネラルウォーターなどが好ましいかと思いますが、夏場などであればスポーツドリンクでも良いでしょう。
また、水分を多く含みさらにはビタミンC類が含まれている果物などを摂取していただくのもおすすめです。

早めに就寝すること

日に焼けるという事は、肌ばかりではなく身体全体にも負担がかかっていてデリケートな状態にあるとも考えられるのです。
このことから、一通りのアフターケアを終えたら早めに身体を横にしていただくのが良いでしょう。

アフターケアで差がでてくる

このようにアフターケアのポイントいくつかについて触れていきましたが、簡単なことばかりですので直ぐに実践していただけるでしょう。

小さなことではありますが、これが大きな差となってくるものです。
なお、保湿の際に化粧品類に刺激を感じたなどという場合には使用は中止してください。