日焼けにはビタミンE・ビタミンCを忘れずに

日焼け対策というと、日焼け止めクリームや洋服に工夫をするなどという事を実践されている方が多いようです。

確かに、有効的な手段ではありますがそれに加えてオススメしたいのが「食べる」ということなのです。

数ある栄養素の中には日焼け対策になる栄養素というものもあるのです。
では、いくつかのものについて触れていきたいと思います。

どのような栄養素が効果的なのか

ビタミンC・ビタミンEが紫外線対策に良いとされている栄養素になります。

特にビタミンCにおいては、紫外線対策の化粧品類に使われていることもありますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ビタミンC力について

ビタミンCの効果にですが、シミなどの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
また、肌のハリや潤いの元となるコラーゲン・エラスチンの生成も促してくれるのです。

紫外線によって肌の中で作られた活性酸素もビタミンCが取り除いてくれるのです。
体内から摂取することでさらに効果的に肌への影響を感じていただけることでしょう。

ビタミンEの力について

ビタミンEそのものに高酸化作用があると言われている栄養素です。
これが何を意味するかというと、肌の老化の大きな原因である活性酸素による参加を直接的に抑止することが出来るというわけです。
日に焼けるということは肌が酸化している状態ともいえますので、ビタミンEを体内に取り込むことでより良い肌状態へと導くことができるのです。

また、女性の場合は月経中はより日に焼けやすくなっているともいわれています。

これは、月経中にはビタミンAが減少してしまうという背景があるからなのです。
周期に合わせて上手に摂取していきましょう。

バランスのよい食材とは

ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれている食物としては「トマト」があります。
トマトは、中程度の大きさのもの2子程度で1日のビタミンC・ビタミンEを半分以上摂取できるともいわれているのです。

また、リコピンも酸化を抑える作用を持っていますので優秀な食物といえるでしょう。
出来れば毎日摂取していただくことをおすすめしたいと思います。

体内からもアプローチ

こうして日々の生活の中で体内に取り込んでいただくことによって、日に焼けた状態を回復しやすくさせてくれるばかりではなく、日に焼けることそのものを防止してくれることも期待できます。

ですので、体内からのアプローチという事も考えてみていただけたらと思います。