日焼けの仕組みとタイプを知る

日焼けを気にしているですとか、日焼け止めを使用して避けているという方も多いのではないでしょうか。
最近では、紫外線と肌にもたらす影響についてメディアなども触れていることからその意識は高まっていることでしょう。

しかしながら、何となく「肌に良くないイメージ」を持っていても、詳細についてはよく知らないという場合もあるかと思います。
そこで改めてなぜ日に焼けてしまうのか・タイプなどはあるのかといった部分について見ていきましょう。

日に焼けるとはどのような状態なのか

市外全を皮膚に浴びたことによって、炎症が起きた状態を指します。
状態としては大きく2つに分けることができて、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状と、メラニン色素が皮膚の表面に沈着し黒くなってしまうというものがあります。

なぜ発生するのか

日々の日光の過剰照射というのが大きな要因として考えられます。

浴びた紫外線は、人間の皮膚組織が持つメラニンの保護能力を「超えている」時に起こるのです。

なお、メラニンの成分量は個々によって差があるものですが、一般的な肌が黒い人の方が色白のタイプよりも多くメラニンを持っているのです。

このことから分かるのは、黒い肌の人は日焼けがしにくいという事が考えられます。

2種類の状態の詳細について

まずは、肌が赤くなる「サンバーン」についてですが、紫外線UVBが皮膚をと冒して、皮膚に化学物質が発生してしまいます。
このことによって、血管が拡張してしまうことにより赤みを増してしまうのです。

もう1つの「賛嘆」ですが、紫外線UVAがメラノサイトに働きかけを行い、色素細胞がメラニン色素を合成し、皮膚の色を徐々に褐色・黒色に変えていくのです。

一般的には、日光の照射時間8~24時間でサンバーンがピークを迎えます。
そして2~3日後にサンバーンが沈静化し賛嘆が起こるのです。

肌への悪影響を抑止する

日に焼けるという事は、肌に負担をかけてしまう行為です。
とはいえ、日常生活を送る中で日光の照射を避けるという事は難しいこととも言えるでしょう。
そのために、自らできる対策が求められます。

手軽な方法と言えば「食生活」です。

日に焼ける状態というもの、ビタミンCを破壊している状態ともいえますので、ビタミンCを意識して摂取していくとよいでしょう。
食べ物にも含まれている栄養素ですし、サプリメント類も販売されていますので取り入れてみると良いでしょう。

また、日焼け止めを塗るという方法も手軽なものといえます。
以前においては女性が積極的に行うものというイメージがありましたが、今では男性の方も積極的に取り入れているようです。

1日に数回、塗り替えていただくとその効果を持続できるでしょう。

肌が弱くて日焼け止めを塗ることができないという場合は、敏感肌用ですとか乳幼児用のものを取り入れていくと、比較的に肌負担は軽く済むことでしょう。

場合によっては、皮膚科で処方してくれるという事もありますので、アレルギー症状が強いタイプの方などは皮膚科を受診してみても良いかもしれません。

改めてその知識を知るという事

今回は、日に焼けるとはどのような状態なのか?そしてどのようなタイプがあるのかを中心に触れていきました。

その原理を知ることによって、適切な防止方法や対策方法を選択できるかと思いますので覚えておくとよいでしょう。

できれば、夏場ばかりではなく通年、予防はしていただくほうが好ましいでしょう。
天候や室内外も問わずに予防意識を持っておくことも大切です。